【まさか薬局!?】媚薬がどこで買えるのか本気で探してみた|ike-boku(イケボク)

MENU

媚薬は薬局で買えるのか本気で探してみた

カテゴリー:媚薬博士の媚薬特集

本当に効く媚薬は薬局で買えるのか?

 

男性だけじゃなく女性だって興味津々な”媚薬”。ということで媚薬販売店の見極め方を伝授しちゃいます!まさか薬局で買おうなんて思ってませんよね!?また媚薬の通販に潜む怖い罠もあるので注意ですぞ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

媚薬は薬局で市販されてるの?

「媚薬は薬局で買えますか?」に対する媚薬博士の答え

 

媚薬はその名前に”薬”と入っていることから、購入に薬局を連想する方が多いようです。では本当に薬局やドラッグストアで媚薬は売られているのでしょうか?答えはNOです。もちろん、だからといって媚薬が存在しないわけではないのでご安心を。

 

医薬品として媚薬が売っているのはアメリカだけ

まず媚薬(女性向け)が正式な薬として販売されているのはアメリカだけだということはご存知でしょうか?正式には”女性向け性欲低下改善薬”というなんとも厳かなお名前です。2015年にアメリカFDAの認可がおりて、媚薬が世界で初めて医薬品として販売されています。

 

ですがアメリカでもこの認可には否定的な意見が多いんです。悪用されることで性犯罪を助長するのではないかという懸念からですね。なので日本で同薬を医薬品として購入できるのはまだまだ先になりそうです(汗)

 

しかし、これによって媚薬は医学的に実在することが証明されました!つまり選ぶ媚薬を間違えなければ確実に効果を得られます。

 

 

 

日本の薬局で市販されてる媚薬は男性用精力剤のみ

医薬品ではないとはいえ、日本の薬局でも媚薬らしきものが売っていますよね。有名どころでは赤マムシドリンクやすっぽんエキス、マカ皇帝倫液などがあげられます。これらの商品には媚薬としての効果は無いのでしょうか?

 

その答えは”男性用の精力剤としての効果しかない”です。実は「男性の勃起不全」と「女性の性的欲求低下障害」は全く別の現象なので、薬局で売られている媚薬カテゴリの商品は女性には効果は全くないと言えるでしょう。

 

 

 

アダルトショップに売られている媚薬たちはどうなの?

薬局以外で媚薬もどきが売っているお店といえばアダルトショップがありますね。大人の玩具やAV作品などが並んでいる中に媚薬も一緒に売られています。店の雰囲気もあっていかにも効きそうですがどうでしょうか?

 

正直に白状すれば『分からない』という答えになります。というのも実は管理人はアダルトショップで媚薬を買ったことがありません…だって恥ずかしいじゃないですか!あんなアダルティな雰囲気の中で女が媚薬もどきを買うって『それなんてタイトルのAV?』って感じ(笑)

 

どんな媚薬が売られているのか分からないのでいい加減なことは言えません。でもこれだけは言えるのがドンキホーテに売られてるような媚薬もどきには確実に効果はないってこと!こっそりドンキのアダルトコーナーで成分チェックしてきたのでこれは断言できます!どやっ!

 

 

 

 

医薬品の媚薬を購入する方法と注意点

医薬品の女性用媚薬の購入方法と使い方、注意点

 

 

医薬品の使用は正しい知識を持って
自己責任でご利用ください!

 

 

上記でも軽く触れましたが、この世には正式に認可(アメリカのみ)が下りて販売されている媚薬があります。認可が下りているということはその効果が証明されているということ!『国が認可を許可した媚薬なら安心!』と思うかも知れませんが、いろいろ注意しなければいけない点が多いんです!

 

医薬品として販売されている女性用媚薬の名はフリバンセリン(商品名アディ)

 

2015年8月18日、アメリカで初めて医薬品としての認可を受けた媚薬として、ネット上の一部でフリバンセリンの名前が広がりました。ちなみに薬剤名がフリバンセリンで商品名はアディですので混同しないようご注意を。まずは、このフリバンセリンがどのような薬品なのか説明します。

 

★ フリバンセリンの効果は女性の性欲向上 ★

フリバンセリンは医薬品ですので”何かしらの症状”を治療することを目的として作られています。その目的とは、性欲が減退した閉経前の女性などにみられる「性的欲求低下障害(HSDD)」の症状を治療することです。

 

もともとフリバンセリンは抗うつ剤として使用されていた薬で脳の中枢神経に作用します。『ドーパミンの分泌を促し、2種類のセロトニンを調整する』そうなんですが、もう私にはお手上げの領域です…すいません…

 

小難しい説明をしましたが、要は『性欲がなくなりかけている女性をその気にさせるため』の薬ということです。但し、もともとSEXに対して興味がない女性には効果がないそうなので悪用はできませんよ、殿方。またオーガズムを迎えやすくなるような効果もありません。

 

 

 

★ フリバンセリンの正しい使用法 ★

使い方は簡単で『寝る前にフリバンセリン1錠を飲む』だけでOKです。しかし、2ヵ月以上服用し続ける必要があります。早い人だと4週間ほどで効果を感じ始めますが、効果のピークは服用開始から8週間後だと言われています。

 

ちなみにめちゃめちゃ高いんです、コレ。毎日飲む薬なのに1錠あたり1000円近くします。2ヵ月服用しようと思うと6万円くらい必要な計算…性欲低下を本気で悩んでいないかぎり、気軽にチャレンジできる金額ではありませんね(泣)

 

 

 

★ フリバンセリンと元祖・女性用バイアグラとの違いは? ★

フリバンセリンはその効果内容から”女性用バイアグラ”と呼ばれることがあります。しかし、フリバンセリンが登場する以前には、ウーメラやラブグラといったシルデナフィルを使った商品のことを女性用バイアグラと表現していました。しかし、この2つの女性用バイアグラの効果には大きな違いがあります。

 

分かりやすく言えば、フリバンセリンが『女性の性欲を高めるための薬』であるのに対して、シルデナフィルは『女性を感じやすくする薬』と言えます。

 

ちなみにシルデナフィルは男性用バイアグラに使用されている成分で、血管を拡張し血行を促進させる作用があります。女性が服用した場合でも、性器への血流がUPすることで神経の働きが活発になり感じやすくなるようです。

 

 

 

医薬品の女性用媚薬を使用する際の注意点

女性用媚薬として認可がおりたフリバンセリンですが、アメリカでも処方にはかなり慎重な判断が必要だとしています。処方する医師には事前に研修が必要であったり治療を受ける患者からの同意書が必要だったりと中々大変そう…そんなフリバンセリンの大切な注意点をしっかり理解しておきましょう。

 

 

結構シャレにならない副作用があります

2015年に認可のおりたフリバンセリンですが、実はそれ以前に2度承認を見送られています。ようは3度目の正直でようやく認可を勝ち取っているんです。2度承認が見送られた理由が副作用です。中には入院した人もいるほど重症化することもある副作用は必ず理解しておきましょう。

  • 吐き気
  • めまい
  • 眠気
  • 失神

特に失神に関しては、アルコールを飲んだときやピルを服用したとき、朝方にフリバンセリンを服用した場合に強く見られるようです。

 

 

日本では認可は下りていません!

フリバンセリンの説明をしてきましたが、そもそも日本では認可が下りていないので販売されていません。また、日本の薬剤審査は非常に厳しいので今後も承認されることはないでしょう。

 

次項で紹介していますが、個人輸入という形でフリバンセリンを販売しているサイトをいくつか見かけます。誰でも購入することは可能ですが、必ず服用方法や副作用をしっかり理解して服用するようにしましょう。個人輸入に関しては自己責任であることをお忘れなく!

 

 

女性用媚薬は薬局で市販されてる?本当に効く媚薬が買える場所まとめ

本当に効く媚薬が買える場所まとめ

 

媚薬に興味はあれど中々使用するまでに至っていない方が多かったのではないでしょうか?確かに薬局などで媚薬を手にレジまで行くのは結構ハードル高めですしね。ですが通販を利用することで誰にも内緒でこっそり買えちゃうのでホントおすすめです。

 

管理人からのお願い
このサイトでは管理人が試して効果のあった媚薬を紹介していますが、皆さんが使った媚薬で効果の高かったものは是非教えてほしいです。媚薬博士としてガンガン挑戦していく所存でございます(笑)

 

カテゴリー:媚薬博士の媚薬特集

 

 

 

媚薬博士が女性の為に選んだ本当に効く媚薬特集
記事一覧

カテゴリ一覧
 
新着記事
ピックアップ記事

初心者が選ぶべきおすすめバイブ
初めてのバイブ選びで失敗したくないあなたに管理人がオススメする初バイブはコレ!

中でイクためのオナニー講座
クリだけなんて勿体ない…本気で中イキしたい人のためのオナニー講座開講します!

媚薬博士が選ぶおすすめ媚薬9選
管理人が実践し続けて見つけた本当に効果のある媚薬たち…ドド〜ンと公開中です!!

SEXでイケない女性がいる理由
7割モノ女性がHでイケない理由とは…実は彼女たちにはある共通点があるんです!!